IKU'S COLUMN

Live naturally vol.03

Supについて

春があっという間に過ぎ去り夏になりましたね。
今なかなか海外へは行けなくなってしまったけれど、私は日本にいながらも
まだ行ったことがない場所や、触れていない文化がまだまだあり
この時期、日本人が日本の文化や人や場所、日本の自然に癒されパワーともらうきっかけになるのかなと感じています。

私はSup&SupYogaと出会い、海外を旅する以外に日本の海をめぐる楽しみが増えました。
夏という季節の知らなかった遊びを知ったことで人生が変わりました。
まだ私には知らない自然や四季ならではの楽しみ方があると思うとワクワクせずにはいられません。

人生を変えたSup
惚れ込んでインストラクターとなりツアーを開催するまでになるなんて新島に住んでいた時でさえ、想像もしていませんでした。

今回は、Supを楽しむ為の必需品やオススメしたい持ち物、服装をご紹介します。

Supとはそもそもなんの略かと言いますと「Stand Up Paddleboard(スタンドアップパドルボード)」。サーフボードより大きいボードに立ってパドルで漕いで進んでいきます。海で眺めることしかせず、海の中に入っても何をすればいいのかわからなかった私にとって、世界観が変わる幸せな出逢いでした。

ボードやパドルには種類があり、クルージングをしたいのか、波乗りをしたいのか、レースに出たいのか目的によって様々です。
私は主にクルージングですが、クルージングを楽しむボードでもハードボード、ソフトボード、インフレータブルの3種を購入し近所の海で楽しむのか、離れた場所へマイボードを電車で移動するのか車なのか色々なシーンで使うボード変えて楽しんでいます。 もちろん!1種でも十分に楽しめます!

パドルも、傘のように1本になっているのか、折りたたみ傘のように持ち運びやすく分解できるのか、さらに素材によって重たさが違います。

さて、Supを購入ということではなく先ずはレンタルやツアー参加する形で楽しみたいという方へ、持ち物と服装をご紹介したいと思います。

【絶対に必要な持ち物】
・水分
・日焼け止め
・タオル
・帽子

【オススメアイテム】
・ライフジャケット(レンタルできますが、災害の際にも役立ちますし
人とシェアせずそして自分の体にあったライフジャケットを購入することをオススメします)
・ラッシュガード
・塩飴
・度付きゴーグル(メガネを落としたくない方)

【服装】
Supクルージング
・水着(ショーツタイプor短パンタイプ)
・ラッシュガード(必須ではありません。紫外線、日焼け対策)
SupYoga
・水着
または、足を上げたりするので
伸縮性のあるショートパンツ水着
・水陸両用のヨガウェア

携帯用の防水袋はインストラクターがいる場合は必要ないと思います。写真は撮ってもらえますし、ご自身で写真を撮りたい方はもちろんお撮りいただけますが海の流れは時にと ても早く、携帯やカメラにちょっと集中しているだけで流されてしまいます。
事故にも繋がりますので、せっかくインストラクターがいるSupクルージングであれば肉眼で画面から目を離して思い切り自然を感じて頂きたいです。

海で遊ぶこと、自然で遊ぶこと、今の時代、様々な困難はありますが危機感を持ちながらも、視野を広く持ち地球を楽しみたいと思います。