RECYCLED WOOL

地球に優しいぬくもり

サスティナビリティ(持続可能性)の向上に取り組むうえで、資源の再利用は不可欠です。prAnaは、再利用する素材にひとつひとつ新しい命を吹き込んで、製品を作り上げています。生きた動物が製造過程に関わる素材、たとえばウールのような素材にとって、再利用はとても意味のあることです。資源を再利用することによって、動物に与えるリスクを回避しながら、新たなエネルギーの投入を削減できるのですから。

変わらない品質と性能

リサイクルウール製のウェアは、非常に優れた品質と性能を持ちながら、
動物に影響を及ぼすことなく、最小限の廃棄物、資源、エネルギーで製造できます。
リサイクルウールを
使用すべき3つの理由
1
動物への配慮 動物の健康や安全に対するさらなる影響やリスクを避けることができます。
1.動物への配慮 動物の健康や安全に対するさらなる影響やリスクを避けることができます。
2. 廃棄物の削減 バージンウール製品の製造にともなう染料、化学薬品、廃水。リサイクルウールを使用すればこれらを大幅に削減できます。
2
廃棄物の削減 バージンウール製品の製造にともなう染料、化学薬品、廃水。リサイクルウールを使用すればこれらを大幅に削減できます。
3
環境への影響を低減 羊の放牧地を減らし、羊がエサを消化する際に排出するメタンガスの量を削減します。また、繊維の加工量を削減することは、全体的なエネルギー消費量の削減につながります。
3. 環境への影響を低減 羊の放牧地を減らし、羊がエサを消化する際に排出するメタンガスの量を削減します。また、繊維の加工量を削減することは、全体的なエネルギー消費量の削減につながります。
つまり、バージンウールの代わりにリサイクルウールを使用するだけで、水、染料、化学薬品、エネルギーの消費量を大幅に削減できるのです。

リサイクルウールに関するFAQ

バージンウールとリサイクルウールの違いは何ですか?

バージンウールは羊から刈り取って初めて製品に使用される羊毛ですが、リサイクルウールは繊維廃棄物や不要となった製品から再生される羊毛です。
リサイクルウールを使用することによって、羊の健康や安全に及ぼす悪影響を排除できます。また、リサイクルウールには、化学加工や染色を施す必要がありません。バージンウールの場合は刈り取った新しい羊毛を化学薬品などで加工して染色しますが、リサイクルウールの場合はすでに染色された繊維を混合してさまざまな色を作り出すことができるのです。

バージンウールとリサイクルウールの品質に違いはありますか?

prAnaがリサイクルウール製品を愛してやまない理由。それは品質や手触りに関してバージンウールとリサイクルウールに違いがないからです。屋外でも機能を発揮する高品質のリサイクルウールは、地球と動物に優しい素材なのです。
リサイクルウールはバージンウールと比較して...
  • 軽くて暖かい
  • 適切に手入れすれば非常に長く使える
  • 快適で通気性がよく、吸湿発散性に優れている
  • 再生可能、微生物によって無害な物質に分解可能、リサイクル可能

prAnaがリサイクルウールを使用するようになったきっかけは何ですか?

このプログラムを開始した時点で、リサイクルウールを取り入れることを考えていたわけではありません。さまざまなサスティナビリティ活動がありますが、私たちは偶然の出会いによって進むべき道を見つけました。
ウール・ミドルレイヤー・プログラムで織物素材を調達していた時に手に取ったイタリア・トスカーナ州プラート産のウール生地。その上質で洗練された風合いに一目で魅了されました。そう、それはリサイクルウールで作られた生地でした。この時まで、私たちはこれほど高品質なリサイクルウールが存在することを知りませんでした。リサイクルウールへのこだわりはそこから始まりました。

サスティナビリティの向上にむけて

サスティナビリティへの取り組みは、prAna従業員の使命のひとつです。私たちひとりひとりが、たとえ小さなことであっても環境に配慮した活動に積極的に取り組んでいます。
この記事を読んでくださった方へ:不要になったウール製品をリサイクルしてみませんか? また、ウール製品を購入する際には、ぜひリサイクルウール製品をご検討ください。あなたの選択が、地球や動物に多大な影響を与えます。それは、家族や友人、そしてprAna以外のブランドがリサイクルウールを選ぶことにつながるかもしれません。

prAnaのサステナビリティについて知る